本当にクレジットカード

人気記事ランキング

ホーム > 自家用車 > 初心者マークの息子に付き合う私

初心者マークの息子に付き合う私

息子が大学の夏休みを利用してやっとの事で車の免許を取得。

これで遠出の旅行も出来ると家族で喜んでいました。

後は毎日の運転で上達するだろうと思っていたのですが・・・。

考えてみれば大学が始まれば車には無縁になる訳で。

車の運転なんてものは毎日少しでもいいから乗る事です。

 

次に息子が帰郷するのは冬休み。

夏休みから少なくとも3か月は運転しない訳です。

仕方が無い事ではありますが、おまけに我が家の車はミッション車。

とは言え本人も運転したくてたまらないらしく冬休みには飛んで帰って来ました。

隣に乗る私の方が怖くてついつい口やかましくなってしまう。

 

初めはクラッチとアクセルがうまく行かずエンストなんて当たり前。

信号待ちで発進する時等は3回に1回はエンスト。

坂道ではハンドブレーキをかけ思いっきりふかして・・・。

こっちが疲れてしまう。

3日もすれば何とかエンストもする事無く走れるようにはなりました。

 

若いから早いのでしょうね~。

次は駐車です。

バックでの駐車が上手く行かず夜になると、車で10分ほど走った所にある総合体育館の駐車場で毎晩駐車の練習。

頭から入れてバックで出る。

 

家から空き箱を持って行き障害を作り空き箱にぶつけない様出る。

バックで入れる時も空き箱を狭くしたりして難易度を上げて行く。

本人も面白くなって来たのか毎晩の様に出かけそれに付き合う私はヘロヘロ。

ハンドル切って戻して・・・。

声を張り上げ、喉が痛くなってしまう。

 

誰もいない広い駐車場で毎晩の様に駐車の練習。

よそ様から見れば異様な風景。

自動車学校よりハードかもと言いながらも確実に上達。

イヨイヨ明日スーパーに買い物、駐車デビューです。

親の方がドキドキしちゃいます。

 

比較的一台の駐車スペースの広いスーパーへ行く事にしました。

緊張の瞬間…アッサリクリア。

気を良くした息子は他にも何処か行きたいと言い出した。

ならばと止めにくい本屋に行く事に。

ここはメンドイ。

駐車場がなだらかな坂になっているのでミッション車の場合、気を抜くとエンスト間違いない。

 

助手席の私も怖いので坂だからと注意事項を息子に伝えイザ駐車場へ。

案の定…2回続けてのエンスト。

なだらかな坂なので油断したのでしょうね~。

こんな事が毎日の様に繰り広げられ私は内心「早く帰らないかなぁ~」なんて思ったり。

私にとって面倒くさくてやっかいな冬休みでした。

次は間違いなく春休みですね。

 

今度は思い切って少し遠出でもしますか。

高速に乗ってカーライフとか・・・。

その時には主人に助手席に座って貰い私は後部座席で手に汗握りしめます。